Oxford EMBAの単位認定(6/4加筆)

私も始まるまで全くこの点が分からず、Recruiting ManagerとのInterviewの際にも聞いたのですが、テスト・個人提出物及びグループワークを組み合わせて行う、という回答のみで明確にどのような感じなのかは、聞くことが出来ませんでした。そのため、私の中では勝手に大体1/3ずつかな、と想像していたのですが全く異なっており、Oxford EMBAの試験については、全体のうちの約7割が個人の提出物で、2割がグループワーク、1割が試験、といった感じでした。 続きを読む

Oxford Executive MBA 授業- module 2

  1. Analytics
  2. Leadership fundamentals

今回のmodule2の授業は実質的には、この2つのみから構成されていました。そのうち2/3はAnalyticsだったので、ほぼ統計学がメインのmoduleに。

Analyticsの教授はmodule1に引き続きProf James Taylorが担当しており、範囲としてはディシジョンツリー、単回帰分析、重回帰分析、モンテカルロ分析について理論及びExcel 付随のAdd in機能やソフトウェアを使用しての実際の計算まで、ケーススタディや設問を使用しての講義。上記分野、軽くでも見たことのある人と、全くの初見の人で取り組み易さが大きく分かれてしまっていたようで、後者の方たちは相当苦戦をしていました。

ディシジョンツリーは会計士受験時代に触れたことがあり、簡単なツリーの作りかたは知っていたのと、今回は事前に授業範囲が発表され、予習したうえで授業に臨めたので、前回よりはだいぶ心理的には楽でした。

テストについては、個人課題がディスジョンツリー・モンティホールの応用問題で、グループ課題が単回帰分析と重回帰分析及びモデルの評価でした。モンティホールは授業で一切触れられていなかったので、これもディシジョンツリーの問題と考えてツリーを書き出す人が多数いたのですが、回答の方向性が全く異なるので、教授から、ディシジョンツリーの問題ではない旨のアナウンスがされるような状況に。

教授の授業は、相変わらず演劇を見ているような感じで、生徒を引き込むのが非常に上手く、授業最終日には、ラスト1時間を残したところで突然のスタンディングオベーションが。自然とそういう行為が出るような、思い出に残る授業になりました。

一方、リーダーシップは引き続き、Sue Dopsonが担当。授業最終日に、moduleの復習したのでそのときのメモから抜粋を。

Week 1:

* There are many ways of looking at leadership – context is important
* Models: Leadership styles and trait theory (Daniel Goleman)

Week 2

1. Culture

* Dig deep about culture. As a concept, it is important to frame.
* Models:

o Two dimensions, Four Cultures (Goffee and Jones)
o Culture Web (Johnson)
o What needs to change; strengths and weaknesses? Mistake to not to take into account the context. We need to acknowledge if the culture serves the strategy and the change.

2. Change

Models:

o Approaches to change (Lewin and Kotter) with vision and crisis – cotter model – evaluate the change – what do they do well and not well.
o Three types of problems – critical, tame or wicked. What is the nature of the change challenge or did it require a more adaptive leadership?  What is the problem they are trying to change? Why did they resist change – motivation and emotion and the resistance reasons?
o Adaptive leadership – need to stand on the balcony and notice patterns before we put it into a context.

3. Power

Model

o Luke’s three dimensions of power – What is power? It is about inquiring and being curious beyond what you can see. We have to look at the power of relationships but at how it shapes the reality.

o Fundamental principles of influence (Cialdini 2001). In particular, the law of reciprocity. What seems to be the sources of influence? What do we know about leader influence in a very generic way?

o Sources of power – what power did leader X have and how you would evaluate it. It is a critical appraisal.