ケンブリッジEMBAエッセイテーマ解説つづき

前回解説した、ケンブリッジEMBAエッセイの解説の続きになります。今回は大問2について解説していきたいと思います。

大問2について再掲すると、下記のとおりになります。

Please provide a personal statement. It should not exceed 500 words and must include the following:

  1. What are your short and long term career objectives?
  2. What skills/characteristics do you already have that will help you to achieve them?
  3. What do you hope to gain from the degree programme and how do you feel it will help you achieve the career objectives you have?

これも、EMBAやMBAでは典型設問の一つになります。エッセイだけでなく、Interviewでも聞かれる可能性の高い質問であり、EMBA, MBA受験生としては十分に準備しておく必要があります。小問3つで500文字なので、あまり深い内容のエッセイを書く事は難しく、設問に対する回答と具体例を記載すると、自然と文字数は埋まってしまう形になると思います。むしろ、不要な文章や重複は可能な限り避ける、という技法が必要になります。

この大問で注意が必要なのは、小問3になります。小問1でshort termとlong term objective について回答していますが、それぞれのobjectiveを達成するために、小問2で回答した既存のスキル等でカバーできないものを、EMBAプログラムで得たい、という関連性で記載していくことになります。

つまり、小問3の回答によって、小問1のshort term objective とlong term objective が達成できる、という論理的繋がりが必要になります。なぜかというと、もしここの繋がりなし、となると、EMBAプログラムを受ける必要性がそもそもない、という事になってしまうからです。

EMABやMBAのエッセイについては、この手の相互にリンクしているような設問が散見され、ロジックがおかしくないか、というのはエッセイ構成の段階で重々検討する必要があります。また、もしここのロジックが破綻していると、いくら洗練された英文エッセイだったとしても、合格は難しいと思いますので、要注意となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です