EMBA, MBAのエッセイテーマの考え方 – その3 ケンブリッジを例に

先日、受講生のかたとケンブリッジのEMBAエッセイテーマを考える機会があったので、今回はケンブリッジEMBAのエッセイを取り上げて解説してみようと思います。設問数が多いので3回に分けて、解説したいと思います。

まずは、以下がケンブリッジEMBA2022年9月入学のエッセイテーマの抜粋になります。

Please describe your management experience. (150 words)
Describe your primary job responsibilities;

  1. type and size of internal and external teams with which you work or supervise
  2. type and number of clients or projects you manage;
  3. size of budget or revenue for which you are responsible;
  4. international experience or exposure (250-word limit)

What has been your most significant professional challenge? (200-word limit)
What has been your most significant professional achievement? (200-word limit)

 

Please provide a personal statement. It should not exceed 500 words and must include the following:

  1. What are your short and long term career objectives?
  2. What skills/characteristics do you already have that will help you to achieve them?
  3. What do you hope to gain from the degree programme and how do you feel it will help you achieve the career objectives you have?

In your own words, please answer the following essay: Who would you like to hear from as a contemporary guest speaker on the Executive MBA programme, and what would you hope to learn from them? (Maximum 500 words)

まず、合計で約1,800 wordsと、前回解説したLBSよりは分量多いものの、EMBAのエッセイとして考えると分量は少な目、になると思います。そして、上記のように、設問が多い場合には、まず設問を大きくカテゴライズして、それぞれ何を問われているのか、を確認するのが重要になります。

ケンブリッジの場合は、大きく3つのポイントを聞かれており、それは、①過去のキャリア②将来の目標及びEMBAプログラムについて③ケンブリッジEMBAのゲストスピーカーについて、となります、オックスフォードやLBSと同様に最終設問が、学校独自色の強い設問になっています。以下、具体的に解説していきます。

大問1については、過去のキャリアについて、の設問であり、基本的にはCVを作成する段階で棚卸が出来ていると思いますので、そこまでエッセイとしては難しいものではないと思います。注意点としては、以下の2点になります。
1. 小問1のMaangeriment experience については、学校の要求しているマネジメント経験を満たしている、という点を明確に記載する必要があること

2. 小問3については、チャレンジの経験を通じて何を学んだか、を軽く触れること

2点目については、チャレンジだけを書いてしまうと、こういう点が大変でした、以上。のようになってしまい、確かにこれでも設問には答えており、×ではありません。しかし、読み手からすると、候補者の成長が読み取れず、少し物足りないエッセイになってしまいます。そのため、学びを入れるとプラスアルファになります。ただし、注意しないといけないのは、この設問は”チャレンジとそこから得た学びを述べよ”、という設問ではないので、学びについては簡単に触れるのみ、に留める点が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です