Luxury Brand Ranking 2019

今回は、いつもと少し趣向を変えてLuxury Brand Rankingをテーマに、取り上げてみます。もともと、私自身、高級消費財の業界に15年近く携わっているため、興味がある分野ではあるのですが、たまたま2019年のブランドランキングが掲載されていたので、ご紹介させて頂きます。恐らく、ブランドランキングで最も有名なのが、以下のInterbrand社が公表している、Best Global Brands 2019 Rankingsだと思います。

https://www.interbrand.com/best-brands/best-global-brands/2019/ranking/

このランキングのうち、いわゆる高級消費財といわれるLuxury brandをピックアップします。
結果としては、以下のとおりになります。

まず、一目で分かるのが、1位のLuis Vuittonが頭一つ抜けていること、また4位のGUCCIより下になると、Brand Value が半分になっいるため、ここで一つラインが引けると思います。

それ以外では、

  1. GUCCIのみ、増加率20%を超えていること
  2. TIFFANYが、減少5%になっていること

がポイントだと思います。

一点目については、デザイナーのアレッサンドロ・ミケーレによるストリートへ、の流れでブランドが大躍進したことは、ブランド業界で勤務している者からすると、常識なので、この増加率も当然と言えます。

二点目については、私個人としては少し意外でした。日本市場では、ティファニーも伸びており、勢いが落ちている、という意識があまりなかったのですが、Globalで見ると、業績も奮わなかったようです。LVMHに買収されたことも、ニュースになりましたが、こうして見ると、絶妙のタイミングで買収したといえるかも知れません。もちろん、いまのコロナの影響による株価までみると、いま買収すれば、というのもあるかもしれませんが、それは当時は予測できないので、やはり、買収時の決断としては、良い判断だと思います。

Ranking Brand Brand Value vs PY
1 Louis Vuitton $32,223m 14%
2 CHANEL $22,134m 11%
3 HERMES $17,920m 9%
4 GUCCI $15,949m 23%
5 Cartier $8,192m 7%
6 DIOR $6,045m 16%
7 TIFFANY & CO $5,335m -5%
8 BURBERRY $5,205m 4%
9 PRADA $4,781m -1%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です