Oxford筆記試験の受験会場

今回は試験会場について。OxfordのEMBAは基本的には個人もしくはグループのアサインメントで単位の評価が行われるのですが、中にはペーパー試験のみで評価が行われる科目もあります。Oxfordが他のEMBAと変わっているところは、試験専用の会場がありそこで筆記試験を受けることになるという点です。この会場では、EMBAの生徒だけでなく、MBAや他の学部生などの試験も行われています。アイキャッチにも使用した建物が、まさにその会場になりOxfordの中心街にあります。

また、服装規定についても厳格に定められており、サブファスクという正装で受験することになるのですが、これは昔からのOxfordの伝統のようです。また、荷物は筆記用具以外持ち込み不可であり、筆記用具についても一人一人持ち込み検査があり、Checkされます。

最後に一点、建物の場所がSaid business school から徒歩20分くらい離れており、またメイン道路に面しているものの、気づかずに素通りしてしまうこともあるので、場所については事前によく確認しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です