Oxford Executive MBA 授業- module8 その1

今回のmoduleは、Ethics and Governance, Accounting Part2, Finance Part1の3つでした。まずは、Alan D. Morrison のEthics and Governanceから。教科書などは特になく、ミルトン・フリードマンの以下の記事の考え方を中心に説明がされました。Friedman, M. (1970) “The social responsibility of business is to increase its profits.” New York Times Magazine, 13 September.

要約すると、”企業の目標は最低限の法令順守はしつつも利益の最大化を図るべき”、というものになります。このミルトン・フリードマンの説によると、芸術活動の支援なども企業の利益増加に直接紐づくものでなければ、基本的に実施するべきではない、ということになります。それでは、上記のような投資は誰がやるべきか?という点が次に問題になりますが、これらの活動のために使用するのがまさに税金であり、それを徴収している政府が責任を負うべきという考え方です。最初に読んだ際には、極論過ぎるかとも思ったのですが、彼の論拠なども併せて読むと少し納得出来る部分もありました。

また、講義だけでなく、プレゼンテーションのスライド7枚と説明資料2枚の作成、及び10分以内でのプレゼンテーション(Q&A session含む)も課題として出されました。期限が3日しかないため、元々毎日朝から晩まで授業が入っているなか、必然的に授業の後の夜に取り組むことに。テーマしては、以下の考え方から幾つかをピックアップして作成、というのが課題です。

  1. Meta-contracts: defining organizations and corporate governance;
  2. Contract and status relationships, and the rationale for honoring them;
  3. Shareholder primacy;
  4. Stakeholder theories;
  5. Corporate moral obligations
  6. Corporate responsibility

私たちのチームは、私が今回の授業のためにFASTER, HIGEER, FARTHER: The Volkswagen Scandalという本を事前に読んでおり、ある程度会社及び概要の基礎知識があるということで、VWにとあっさり決まりました。他の候補としては、Facebook, Uberなどもあったのですが、授業で触れたモデルを使用しにくいということと、解決策を提案しにくいということで却下に。また、同時に私に基礎知識あるので、当然プレゼンはよろしく、ということになり、あっさりVWに決まった理由は、このためかと分かった瞬間でしたがもはや後の祭りでした。

パワーポイントの資料自体は、比較的早く決まったのですが、そこからが本番でした。ヨーロッパ流のしかも英語のプレゼンテーションというのは、あまり私には経験がなく、また制限時間内でどの程度話せるのか、というのも感覚的に全くなかったのでまずはそこからでした。最初の練習の際には、制限時間を大幅に超えており、またジェスチャーや視線、自信が見えない、などフィードバックが相当あり、結局、一人での練習も含めると20回以上はしました。ただ、ここまで練習すると、さすがに自信を持ってプレゼンにも臨むことができ、50点以上でパスのところ65点ということで、とりあえず個人的にはひと安心でした。

課題図書の記事も、参考までに併せて記載しておきます。全部に目を通す時間がなく、最初の6つだけ読了しました。

[1] Derry, R. (2012) ‘Reclaiming marginalized stakeholders,’ Journal of Business Ethics, 111(2): 253-264. (with Mitchell, Agle, and Wood (1997) covers some interesting questions relating to the definition of a “stakeholder”)

[2] Freeman, R.E., Harrison, J.S., Wicks, A.C., Parmar, B.L. and De Colle, S. (2010) Stakeholder theory: The state of the art, Leiden: Cambridge University Press. (I take issue with the title, but this is a comprehensive review from the person who developed stakeholder theory)

[3] French, P.A. (1979) ‘The Corporation as a Moral Person,’ American Philosophical Quarterly, 16(3): 207–215. (Arguing that corporations are morally responsible)

[4] Mitchell, R.K., Agle, B.R. and Wood, D.J. (1997) ‘Towards a Theory of Stakeholder Iden- tification and Salience,’ Academy of Management Review, 22(4): 853–886. (with Derry (2012) covers some interesting questions relating to the definition of a “stakeholder”)

[5] Morrison, A.D. (2015) ‘Autonomy, Meta Contracting, and Regulation: A Liberal Theory of the Firm,’ Sa¨ıd Business School mimeo. (Explaining what a meta contract is, and making some suggestions for its regulation)

[6] Morrison, A.D. and Shapiro, J. (2015) ‘Governance and Culture in the Banking Sector,’ Sa¨ıd Business School mimeo. (Brief discussion of culture and of policy relating to culture)

[7] Morrison, A.D. and Wilhelm, Jr., W.J. (2015) ‘Trust, Reputation and Law: The Evolution of Commitment in Investment Banking,’ Journal of Legal Analysis, 7(2): 363-420. (Discusses the nature of contract, and one rationale for honouring it)

[8] Sternberg, E. (1994) Just Business: Business Ethics in Action, London: Little, Brown and Company. (Defence of the Friedman position by a conservative philosopher) Chapter 2 ‘The Nature of Business.’

[9] Stout, L. (2012) The Shareholder Value Myth, San Francisco: Berrett-Koehler Publishers. (Arguing that shareholder primacy is not mandated by corporate law, and that it is a damaging doctrine)

[10] Velasquez, M. (2003) ‘Debunking corporate moral responsibility,’ Business Ethics Quarterly, 13(4): 531–562. (Arguing that corporations are not morally responsible)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です