カレッジ巡りークライストチャーチ

16 module振り返って、そう言えばオックスフォードでカレッジ巡りをしていなかった、という事に気づき、急遽カレッジ巡りをすることに。とは言え、40弱あるため全て回るのは、短期間では到底無理なため、すでに別件で行ったことのあるSt Hugh’s, Keble, Pembroke,  Balliol Collegeは除いてクライストチャーチとトリニティカレッジに行ってみることに。

まずは、Pembrokeの向かいにあるクライストチャーチ。言うまでもなく、日本人にとっては最も有名なカレッジがこのクライストチャーチであり、オックスフォード大学といえばここを指す、と思っている方もいると思います。

カレッジの中でも、群を抜く広大な敷地を有しておりその広さにも驚くと思います。少し早めに行ったのですが、すでに列が出来ていました。オックスフォードの学生は無料で入れるので、初めて校内以外で学生のメリットを享受した気がします。

そして、8年ぶりのクライストチャーチ。このホームページのトップの写真が、実はクライストチャーチのもので、その時に撮影したものでしたが、今回また新たに撮影。覚めるような青空であり、修了式明けと合わさって、爽やかな気分に。

そして、クライストチャーチで最も有名なハリーポッターでも使用されたダイニングルーム。今回は、日本の大学生が団体で宿泊しているようで、大学名がダイニング入り口の席次表に記載されていました。クライストチャーチに宿泊して勉強、というのは少し羨ましいです。

ちなみに、クライストチャーチは現状では、EMBAの生徒受け入れをしていないため、いくら早いステージで合格しても、所属カレッジとしては選ぶことが出来ません(将来変更されるかもしれませんが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です