ロンドン アフタヌーンティー – メリディアンホテル ピカデリーサーカス

ロンドン編がまだ続くのですが、今回はアフタヌーンティーを。本当であれば、クラリッジのアフタヌーンティー若しくは、アガサ・クリスティーも常連だったと言われているブラウンズのアフタヌーンティーに行きたかったのですが、風邪をひいてしまい、直前まで体調が思わしくなかったので、予約必須の、上記2つは今回は見送ることに。結局、ピカデリーサーカスに用事があったので、ダメもとでメリディアンホテル ピカデリーサーカスへ当日行ってみることに。以前、8年前にイギリスに来た時に初めてアフタヌーンティーをしたのが、このメリディアンでした。その時は、予約を入れておらず、一度拒否されてその場で予約して、翌日再度来た、という苦い思い出もあるホテルなので正直、断られるかと思ったのですが幸い今回ははいることが出来ました。

オックスフォードのアフタヌーンティーとはだいぶ違い、見た目的にもだいぶ上品な感じです。3段で、下からサンドイッチ、スコーン、スイーツというのは変わらずですが、スコーンが焼き立てだったのとトップのスイーツも大味でなく、イギリスのスイーツとしては珍しく繊細さも(わずかに)感じるようなバランスの良さだったと思います。ただ、8年前の時と比べるとボリュームダウンしたのと、肝心の紅茶(アールグレイ)が珍しく、あれっ?という感じだったのだけが残念でしたが、全体的にはとても満足度の高いアフタヌーンティーで、お店のレセプションの方も感じが良く、ゆっくりした時間を過ごせました。

有名ではなないため、恐らくガイドブックにもあまり載ってこないアフタヌーンティーですが(少なくとも私は見たことありません)、穴場的な感じでお勧めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です