Oxford EMBA インターナショナルモジュール変更

今回はOxford EMBAプログラムの特徴の一つである、インターナショナルモジュールについて、内容が変更されたので、今回取り上げようと思います。

Oxford EMBA Programのメインの一つが、このInternational Modulesであり、コロナ前には1年目にインド、2年目に中国でのModuleが必修として組み込まれていました。

私自身は、このモジュール(特にインド)で人生観を変えるほどの衝撃を受けたので、そこは残して欲しいなと思っていたのですが、このコロナ禍においては、このような海外モジュールはなかなか難しい面もあるようです。

2022/3/4時点のオックスフォードのホームページによると、2021年9月から変更になり、1年目はイギリスで授業、2年目はインド、中国、ペルーの中から1つを選択する、となり、実質的には海外でのモジュールが1回減ることになります。

やむを得ないとはいえ、少し寂しい思いもあります。なお、以下がスクールの公式情報になります。

https://www.sbs.ox.ac.uk/programmes/mbas/executive-mba/oxford-executive-mba-programme-delivery-2022

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です