ネゴシエーション講座 (英語及び日本語) 開講のお知らせ

日本の場合、学校教育等でなかなかネゴシエーションを学ぶ機会がなく、ネゴシエーションを苦手にしている方が多いと思います。特に、英語でネゴシエーションを提供している講座は非常に限られてしまい、若しくは仮にあったとしても簡単なロールプレイの事が多く、実際のビジネスでのネゴシエーションの参考にならないことも多くあります。

また、EMBAを目指される場合、大多数のかたが企業勤務となるはずなので、まず会社からの通学許可は得ないと通うことは困難であり、会社と交渉する際にネゴシエーションスキルが重要となるのは明らかです。

EMBAに限らず、ビジネス一般でも、英語と同じように、基本的なネゴシエーションスキル自体はむしろすでに身についているもの、という前提で交渉ごとに臨んでくるケースもあり、”知らない”というだけで、圧倒的に不利な立場に立たされます。

そこで、上記に対応するために、当講座では、Oxford EMBA & Chicago Boothメソッドのネゴシエーション講座を提供します。

授業内容について、全7回で、各回テーマがありますので、興味のテーマのみを受講されてもいいですし、一括で受講して頂いても、もちろん結構です。

提供方法としては、事前に担当役割のケース(授業前にシカゴ or ハーバードのケースを送付します)を読んだ上で、

対面若しくはSkype で

  1. ネゴシエーションロールプレイ(英語若しくは日本語) 30 min
  2. Feedback (英語もしくは日本語)15min
  3. まとめ(英語もしくは日本語) 15min

を目安として各回1hの授業 + パワーポイントの教材(英語。各回30-40ページ程度)になります。また、ネゴシエーションのタイプを把握するための質問表についても、送付するので自分のタイプも把握ができます。孫子の格言に”敵を知り、己を知れば、百戦危うからず”ともあり、まずは自分のタイプを知らなければ、交渉をスムーズに行うことは絶対に出来ません。

対象レベルとしては、ロールプレイで使用するケースの難易度から、講座全体としては中級(TOEIC 800点以上) から上級を対象にしていますが、初級レベル(TOEIC600点台)でも受講可能な回もありますので、詳細はお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です