Executive MBA ranking 2018 from QS

今回はEMBAランキングのうち、QSの2018 EMBAランキングを取りあげてみます。いままで、このランキングを取り挙げたことはなく、前回のThe Economist, Financial Times(以下FT) と比較すると若干EMBAランキングの知名度は、個人的には下がるイメージです。実際、私もQSのEMBAランキングを受験時代に見たことがなかったですし、クラスメートや学校の関係者からもQSのランキングが話題になったことは、一度もありませんでした。それでは、なぜ今回このランキングを取り挙げたかというと、日本のEMBAスクールでこのランキングを指標として取り上げているところがあったからです。

実際のQSの2018 EMBAランキングは以下のリンク先に掲載されていますので、興味のあるかたは御覧ください。

https://www.topmba.com/emba-rankings/global/2018

指標としては、ダイバーシティや企業からの評価などが含まれていますが、生徒からの評価が反映されていないように見えるのと、各指標の得点根拠が分かりづらいというのが少し残念です。ランキング自体としては、トップがWharton, 3位にLondon Business School, 8位Oxford, 10位 Cambridgeとなっています。この辺りは、むしろ前回のThe Economist より、自分のEMBAに抱いているランキングのイメージに近くなっていました(何よりCambridge, London Business Schoolも含まれていますし)

The Economist だけでは、対象になっていないスクールがあるので、そのような学校を狙われているかたは、FTと併せて参考にするといいかもしれません。FTのランキングは最も有名で、ランキング上位校は必ずHPに載せてる指標であり、影響力もあります。ただ、卒業後の給与の増加率のウェイトが高く、若干偏りがあるのでこのランキングだけで決めるのは、危険かも知れません。プログラムの質の高さは有名なのに、ランキングが低めというケースも散見されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です